自分にあった仕事の探し方

自分にあった仕事の探し方

自分にあった仕事を探すために、香港での就職・転職を考えている候補者の方は、まず自分自身の分析から始めましょう。自分が求める業種、職種、仕事内容、給与、職場環境だけでなく、理想とするライフスタイルも含めて分析してみると良いでしょう。自己分析の後は、希望とマッチする求人企業を絞り込み、応募したい企業がみつかり次第、企業研究をおこなうというのが一般的な流れです。

なお、自分が求める希望条件をすべて満たす企業を見つけることは困難であるため、希望条件に優先順位をつけて絞り込みをおこなっていくことが大切です。もし、自己分析や企業研究の方法が分からないという場合は、e-Jobのキャリアアドバイザーにお気軽にご相談ください。このコンテンツでは自己分析と企業研究の方法を以下にご案内します。

自己分析について

自分自身がどのような就職や転職を望んでいるのかを分析してみましょう。理想的なビジネスライフを想像して、なにができるか?なにが得意か?なにが向いているか?などキーワードに起こしてリストアップしてみましょう。その上で、自分の条件を満たすことのできる業種、職種、仕事内容、給与、職場環境などを整理してみると良いでしょう。自己分析が初めての方は当社のキャリアアドバイザーがお手伝いをしますのでお気軽にご相談ください。自己分析の手法の参考例として以下を考えてみてください。

  1. 何が得意かを考える
    学生時代に学んだ専門性、過去の就労先企業で獲得した経験、スキル、語学力、現在取得している資格など、これらは未来に働く企業で力になる可能性がありますので整理してみましょう。
  2. 仕事に求めることを考える
    就職や転職をおこなうにあたり、あなたが仕事に求めることは「会社の安定性」、「理想の給料」、「勤務時間」など、どんなことであるかを考えてみましょう。
    自分の理想とかけ離れている仕事を続けることは困難であり、ストレスによる体調不良にもつながることがあります。
  3. どんな業界が向いているのか
    好きな仕事や興味が持てる業界で働くことはとても大切です。どの業界に興味があるか分からない方や飽きやすい性格の方は、様々な業界に携われる仕事や新規事業を積極的に立ち上げる会社の選択が良いかもしれません。
    業界の選択ができましたら求める給与などが自分の条件に合うかをみてみるとよいでしょう。
  4. 未来の自分の姿を想像してみる
    自己分析は過去の自分を振り返るものですが、理想的な未来も考えてみましょう。
    できるだけ長く働いて幹部を目指す、社長を目指す、独立して事業を起こすなど、自分自身がどのようなビジネスライフを送りたいかを考えたうえで、就職・転職先を探してみることも大切です。

求人企業の絞り込み

  1. 条件にマッチする企業を探してみる
    自己分析ができたら、求人情報を見ながら希望条件に合った企業をリストアップしてみましょう。すべての条件を満たす企業をみつけることは困難なので、いくつかの条件を満たしている企業をリスト化していくことがポイントです。
    時間に余裕がない場合は、希望条件を当社のキャリアアドバイザーに伝えて企業のリストアップを依頼してみましょう。
  2. 企業を絞り込んでみる
    興味のある企業のリストアップを終えたあとは企業の絞り込みをおこないます。希望条件にマッチした数や希望条件の優先度を順位付けして並び替えてみることで、応募すべき企業が発見できるかもしれません。
    応募したいと思える企業がみつかった場合でも、すぐに応募はせずに企業の研究をおこなってから応募するようにしましょう。企業研究の方法は次の項目で説明します。

企業研究の方法

応募企業の絞り込みが終わったあとは企業の研究をおこないましょう。企業研究をおこなうことで企業の特徴、仕事内容、職場環境などがより深く見えるため、精度の高い面接対策を練られたり、説得力のある言葉がみつかったりもします。
また、徹底的な企業研究により入社後のミスマッチも大幅に減らすことができるでしょう。なお、絞り込んだ企業が自分の求める企業ではなかった、などの発見もあるかもしれません。
ここでは企業研究で役立つ情報をお届けします。

  1. 企業ホームページ(パンフレット含む)
    ホームページには会社の基本情報やアピールしたいメッセージが詰まっています。
    企業の顔と言っても過言ではないホームページには多くのヒントが隠れています。
    以下のポイントをホームページで確認し、自分の志向とマッチするかも含めて考えてみましょう。
    企業理念・代表者メッセージ
    企業理念や代表者メッセージにはその企業の文化、方向性、価値観などが書かれています。企業が求めている人物像を理解し、自分の志向とあっているか、希望するキャリアを実現することができそうかなど、実際に働くことをイメージしてみましょう。
    そして、もし代表者のメッセージで共感できる言葉があれば覚えておきましょう。
    企業の設立年(沿革)
    企業の設立年(沿革)を調べることで、企業の歴史や変化を把握することができます。長期間運営されている企業であれば安定し、社内業務は分業化されていて、経験豊富な社員が多いのかも知れません。
    反対に歴史が浅い企業であれば、事業の成長を目指して若い社員が多く、様々な業務が経験できる可能性があります。
    事業内容(商品やサービスなど)
    企業名は聞いたことがあっても、実際の事業内容を詳しく知らないケースがあります。
    また、本社が日本の場合、本社と香港の事業が異なる場合もあります。事業内容を調べることで、その企業が何に力を入れているのか、その企業の将来性なども見えてきます。応募企業の事業内容を理解し、その企業の商品やサービスが自分にとって興味があるものか、携わってみたいものかを検討しましょう。面接時の事業内容の質問で明確な受け答えができれば、企業に好印象を与えることができるでしょう。
    企業の所在地

    その企業が香港島、九龍、新界のどこにあり、またどの地区にあるかにより会社の雰囲気も変わります。一般的にセントラル周辺は金融街で欧米人が多く働いており、九龍半島側の中心街である尖沙咀周辺は日系商社やメーカーが多く進出しています。香港はコンパクトにまとまった街ですが、自分が住む地域により通勤時間もかわりますので、会社の所在地は確認しておきましょう。

    なお、日系企業の中には独自ホームページを持たない会社、ホームページがあっても会概略しか紹介されていない場合があります。このような場合は本社のホームページを参考にしましょう。
  2. 職場への訪問
    応募企業がB to Bをおこなう商社やメーカーなどになると、会社への訪問は困難でしょう。
    しかし、ホテルや小売、レストランなどB to Cのサービスを提供している企業であれば、実際の現場を見てみて雰囲気などを体験することができます。面接時に自らが体験したことを伝えるとポイントアップとなる可能性があります。
  3. 人材紹介会社の情報
    人材紹介会社は、企業の採用担当者や経営者とヒアリングをしていますので貴重な情報を持っています。
    人材紹介は求職者の強い味方ですので、企業に直接聞きづらいことを事前に質問したり相談したりすると良いでしょう。

もし「希望に合う企業が見つからない」、「どの企業に応募しようか迷っている」など、お悩みのある方はどうぞお気軽にご連絡ください。
無料でご相談を承ります。